2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 安井金毘羅宮 | トップページ | 嵐山花灯路(2) »

2011年12月13日 (火)

嵐山花灯路(1)

京都嵐山 花灯路2011は12月9日(金)~18日(日)まで開催されています。

ここ何回かは竹林の小径の写真をUPしていたので、今年は十三参りで

知られる法輪寺のライトアップをUPします。

今年は東日本大震災の復興を願ってD-K LIVE祈りin嵐山法輪寺として

世界的なデジタルアーティスト・長谷川章氏が創作考案したD-K(デジタル掛け軸)

100万枚の画像が大型プロジェクター10数台を使って本堂などに投影され

ゆっくりと映り変わる光のアートです。

もっと暗くなってからの方がより綺麗な画像が見られるのですが、

私が法輪寺に到着したのは5時過ぎで空にまだ少し明るさの残っている時間でした。

それでも初めて見る光のアートは素晴らしかったsign03shine

石段を登りきると境内です。

Dsc03609

もう光のアートが始まっていました。

Dsc03598

色とりどりに変化します。

Dsc03599

本堂も参拝者もアートの中。

Dsc03605

Dsc03604

Dsc03606

Dsc03600 舞台からは市内が見渡せますeye

行灯越しの渡月橋。

好きな擬宝珠(ぎぼし)の向こうに京都タワー。

Dsc03602

Dsc03603

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ     ←ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村

帰る時はこんなアートに…    普段とは全く違う法輪寺でしたhappy01

Dsc03607

« 安井金毘羅宮 | トップページ | 嵐山花灯路(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

このデジタル掛け軸は面白いですね。
幻想的だったり、サイケデリックだったりして見飽きません。

とっぷりと日が暮れた後のほうがきれいに絵が写るのかもしれませんが、
薄暮の影絵もまたいいですね。

なかっちょさんへ

こういうデジタル掛け軸は見たことがなかったので
ちょっと驚きでしたねcoldsweats02
寺院と光のアートのコラボは新しいですねsign03
でも 見方によると妖怪城のようなhappy02
昼間の法輪寺とは違った顔でした(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安井金毘羅宮 | トップページ | 嵐山花灯路(2) »