2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 祇園祭2011・山鉾巡行(3) | トップページ | 大将軍 八神社 »

2011年7月24日 (日)

一条通 妖怪ストリート

暑かったり 「あれっ涼しい?」っていう日があったりの毎日ですが

皆様体調はいかがでしょうか?

なんか手紙でも書いてるみたいになってしまいましたがcoldsweats01

この時期、仕事がハードになるので 私のとりあえずの目標は

この夏を元気に乗り切ることですhappy01

回数は減るけど、ブログの更新を気分転換にして この夏頑張りますっsign03

少しでも涼しさを感じてもらえるように今回は妖怪ストリートを歩いてきましたhappy01

花屋さんにいる妖怪。

0m12e

薬局にいる妖怪。

Dsc02295

Dsc02296 ペットショップにいる妖怪。

Dsc02297 活魚店にいるお魚さんの妖怪。

ここは和菓子屋さん。もっとたくさんいるけど これくらいで(*^-^)

Dsc02298

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ     ←どうぞよろしくm(_ _)m

にほんブログ村

以上 大将軍商店街にいるかわいい妖怪達でした( ´艸`)プププ

Dsc02307

なぜ妖怪ストリートなのか→ 百鬼夜行…多くの異形の妖怪たちが夜中に

行進する現象。主に平安時代の京都で起こったとされ、この怪異が起こりやすい

「夜行日」なるものがあるとされていた。そこで貴族たちはその群れに会わない

ように陰陽師に相談し夜行日の夜には外出を避けたり、外出する時は魔よけの

護符を持ち歩いたということからこの付近を妖怪ストリートと呼ばれるように…

私は涼しくなるどころか妖怪達に親しみを感じてしまいましたwink

このブログに来て下さる皆さんも この夏妖怪に出会いませんようにsmile

« 祇園祭2011・山鉾巡行(3) | トップページ | 大将軍 八神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

この商店街のオバケたちは、可愛らしい(?)のが
多いですね。

写真を見ると、新顔も増えてるみたい。また会いに行って見ます。

おは~!!ブログ楽しく拝見しましたhappy01
商店街の名前が大将軍商店街ですか(*^m^*) ムフッ
さすが京都ですね ネーミングがすごい 又京都らしい商店街あったら紹介してください 楽しみにしてるよ~ん

なかっちょさんへ

えっsign02新顔が増えてるsign02
知られるようになって妖怪さんを増やしのかな?

hanayannさんへ

おっは~sign01っていう時間じゃないけどhappy02
ようこそMYブログへhappy01
大将軍は たいしょうぐん という地名なんですよ。
昔の匂いのする懐かしい商店街です。
hanayannさんは商店街好きなのかな?
またチャンスがあれば撮るね~
商店街見て歩くの好きだから(o^-^o)

こんなカワイイ妖怪だったら、会いたいなぁheart04
特にお魚の。連れて帰りたいくらい。

お互い、夏バテしないように頑張りましょうねgood

今日は予報では最高気温28℃って言ってたけど、
結局31℃だって。
結構暑かったよ。雨も降るって言ってたけど降ってないしね。

妖怪ストリートなんて、あるんだ~。
楽しそう~。

私もこの夏なんとか乗り切りたいな。
お互いに頑張ろうね!

妖怪ストリート( ´艸`)プププ
いいですねshine
若干、夏バテ気味な私ですが・・・
カメラ片手に散策に行きたいものですdash
想像してたら、
ワクワクc(>ω<)ゞって感じですhappy01

まめ蔵さんへ

妖怪と言ってもユニークでしょう?(*^-^)
まめ蔵さんはお魚妖怪がお気に入りなんですね~fish

最近、夜がへんに涼しかったりでノドをやられてしまったけど まめ蔵さんは大丈夫かな?

すず母さんへ

ホント!ホント!夕方にはrainを期待してたのに結構晴れ間がでてたねwobbly

ここは前から気になってた通りなんですよ。
妖怪達がこの商店街にすっかり馴染んでるのが面白かったわぁhappy02
また すずさんに癒されに行くね( ^ω^ )

penさんへ

この通り面白いでしょうhappy01
もっといっぱい いたんだけどね。
今も活気のある昔ながらの商店街で、お店の人と一体化してるから なかなか面白いよwink
penさんも京都に来たら寄ってみて~(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祇園祭2011・山鉾巡行(3) | トップページ | 大将軍 八神社 »