2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 鹿ケ谷 安楽寺 | トップページ | 哲学の道 »

2011年7月 3日 (日)

さようなら ホテルフジタ

鴨川に架かる二条橋西詰に建つ 旧ホテルフジタ。

現在は閉ざされて解体を待つばかりになっています。

鴨川を歩く時、この二条橋から降りることが多くホテルフジタは私にとって

いつも「そこにあるもの」でした。

見慣れたものが消えてゆくのは淋しいですsweat02

約3年後、この場所には富裕層向けのホテルができるとのこと。

立地条件は素晴らしく良いので、客室稼働率も高くなるでしょうね…

この風景も見納めです…

Dsc02142

舟形石の上でお昼ね中?のカモと もう一方はエサ取り中かな(o^-^o)

Dsc02141

飛び石の上からcamera  手前に丸太町橋、向こうは荒神橋。

Dsc02145

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ     クリック応援よろしくm(_ _)m
にほんブログ村

Dsc02140

« 鹿ケ谷 安楽寺 | トップページ | 哲学の道 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

当たり前にあったものがなくなるのって淋しいですね。
たとえそれが自分にとって全然必要じゃないものでも、なんとなく愛着がわくものですよね。

あ、なんだか私まで淋しくなってきた(p´□`q)゜o。。

二回ほど利用しましたが、感じがとてもよかったのを覚えてます。

リネンさんへ

はい、ずっと ずっとそこにあって鴨川の景色に溶け込んでたからなくなるのは淋しいなぁ(ノд・。)

かやのさんへ

従業員さんの感じが良かったんですね。
せめて自分のブログに残しておきたいから記事にしました(。>0<。)
新しいホテルは和風の外観の京都らしいものになりそうですshine

ナビさん、こんにちは。
ここは、鴨川の風景とマッチングしていて、
数ある京都のホテルの中でも、好きな部類に入るホテルでした。
仕事で京都に出掛けた時に何度か泊まりましたが、
愛着のあるものが無くなるのは、やっぱり寂しいですね。

kenさんへ

何度かお仕事で泊まられたんですね。
そうなんです!鴨川との風景が私の頭に入ってしまってるんです~
なんか淋しいなぁ…sweat02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿ケ谷 安楽寺 | トップページ | 哲学の道 »