2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 金戒光明寺(黒谷さん) | トップページ | 竹林から大堰川への道 »

2009年11月23日 (月)

嵐山 大河内山荘

嵐山の亀山公園から竹林へと続く道、

百人一首でも知られる小倉山の南面に、かつての

時代劇の名優「大河内伝次郎」が、昭和6年34歳から

64歳で逝去するまでの30年の歳月にわたり

消えることのない美を求めて、こつこつと創り上げた

庭園です。

2009_11230041

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都 その他の街情報へ
にほんブログ村

庭は回遊式借景庭園で数多くの松、桜、楓などが四季を彩り

大乗閣からは朝な夕な七色に変化する嵐山、霊峰比叡山

が仰がれます。

2009_11230006

順路に沿って石段を登っていきます。

2009_11230010

嵐山にはまだ霧がかかっていました。

2009_11230011

茶室に向かう小径、苔がきれい。

2009_11230021

茶室から庭のもみじを見たところ。

2009_11230023

自然の芸術ですね、とっても綺麗でしたshine

2009_11230017

この下には保津川が流れています。

こんな上までイカ焼きのいい匂いが漂って…食べた~いhappy02

2009_11230024

正面に見えるのは徒然草ゆかりの双ヶ丘(ならびがおか)

2009_11230026

もみじのじゅうたんがいい感じconfident

2009_11230029

2009_11230034

2009_11230032 2009_11230031

若かりし頃の伝次郎、

男前でしたsign03

数多くの映画に出ていたんですね~

丹下左膳…知ってます?

お抹茶とお菓子付で入山料は1000円。

他と比べてかなりお高いですが、紅葉はここだけで充分sign02

と思えるくらいの満足感でしたhappy01

2009_11230035

2009_11230036 2009_11230037

2009_11230039

私の好きな古井戸と苔がここにも…

2009_11230040

2009_11230007

« 金戒光明寺(黒谷さん) | トップページ | 竹林から大堰川への道 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鮮やかな赤と苔の緑のコントラストが素敵ですね。

大河内伝次郎って名前は聞いた事あるけどどんなルックスの人だったのかも知らかった。男前だったのね〜。

それにしても人が多い!今がシーズンまっさかりなのかな? バンクーバーは最近雨ばっかりで紅葉の葉っぱもみんな落ちちゃいました。sad

雪さんへ

数日前からコメントは承認制にしたから、ブログに反映されるまで時間がかかります、しばしお待ちを(o^-^o)
迷惑メール対策です。

この大河内山荘は竹林のドンつきにあるんだけど、ここには寄らず…の人が多いんじゃないかなぁ。
お寺じゃなくて私邸なので料金は高いけど、入ってみて納得!だったよ(・∀・)イイ!
小倉山にあるので見晴らしもよく、市内も遊船のとおる保津川も見渡せるから 人にもお勧めできますよ。
お抹茶席から見える竹林もステキですよんヽ(´▽`)/  お菓子は柚子の最中でした…
こちらは12月初めまで楽しめそう♪

お抹茶をいただきながらの竹林って素敵ですね~。
柚子の最中・・・それはまた何て美味しそうな・・・catface
(すみません、反応がお菓子にいってしまいましたcoldsweats01

たくさんの人がいらっしゃってますね。
でも本当に自然の芸術がお見事heart02
今の季節限定の芸術ですね。

ナビさん、古井戸が好きなんですね。
そういえば古井戸のお写真よく登場しますね。
明るいうちに見るのはいいけど、古井戸って
「いちま~い、にま~い」って聞こえてきそうじゃないですか?
私はちょっと恐いですぅhappy02
でもこちらの苔と古井戸はとっても素敵ですね。
(ちなみに苔は大好きですgood

hitoさんへ

少し寒かったから、暖かいお抹茶がとってもおいしかったよ もちろん柚子最中もねdelicious
テーブルの前が竹林の場所が空いてたけど、日陰ですごく寒かったからそこには座らず…

そういえば、古井戸の写真よく載せてるなぁ私camera
私もすご~く怖がりなんだけど、苔と古井戸がなんとも好きなんですよね~
でもhitoさん、夜中に見ないほうがいいね、何か写ってるかもよぉcoldsweats02sweat01smile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金戒光明寺(黒谷さん) | トップページ | 竹林から大堰川への道 »