2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 鴨川を歩く | トップページ | 京都ミニミニオフ会 »

2009年11月 3日 (火)

鹿王院(ろくおういん)

JR嵯峨嵐山駅から徒歩10分あまり、

静かな住宅街の一角にひっそりと建っています。

鹿王院は足利三代将軍 義満が康暦二年(1380年)

二十四歳の時、寿命を延ばすことを願って建てた禅寺。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都 その他の街情報へ
にほんブログ村

山門にかかっているこの額「覚雄山」は義満の筆。

一休和尚も少年の頃、この山門をくぐって、ここで維摩経

の提唱を聞いているそうです。

2009_11030003

参道のもみじはまだほんの少し色づいたところです。

2009_11030004

淡いグラデーション。

2009_11030005

本庭。静かに時間が流れていますconfident

2009_11030010

2009_11030008 客殿にも義満筆の額が掲げられています。

本堂には釈迦及十大弟子などがまつられています。

2009_11030009

何故か つつじにアサガオ…sign02

2009_11030012

2009_11030017

もみじと苔と古井戸。

2009_11030020

2009_11030032

« 鴨川を歩く | トップページ | 京都ミニミニオフ会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

1380年、その頃の人の寿命って、どのぐらいだったんでしょう?
24歳で寿命を延ばす事を願って建てた・・・という事は
長くて30代前半ぐらいだったんでしょうか?
短い人生を駆け抜けるように生きた時代だったんでしょうね。

色づき始めた紅葉もまた何て素敵なんでしょうshine
まだ紅葉の始まりだから人がいないのですか?
いいわぁ~、誰もいなくて・・・lovely

足利義満の直筆がまだ残ってるんだぁ。スゴイ!
でも言っちゃあなんだけど、あんまり上手じゃない??(ヒヤ〜怒られる〜。)

観光客もあまり居なさそうでしっとりとしたお寺だね。maple

hitoさん こんばんはhappy01

そうね、今から600年ほど前は人間の寿命って30~40歳くらいだったのかな?
hitoさんが言うように短い人生を駆け抜けたんでしょうねconfident
このお寺はあまりガイドブックにも載っていなくて
観光客は少ないです。
でも、それだけにしっとり見学できる、逆に京都らしいお寺かもしれないねwink


雪さん こんばんはhappy01

アハハ、ん~想像よりはわりと素朴な感じやねbleah
↑でも書いたけど、ガイドブックに載っていないというだけで、他県からの観光客は少ないけどここの庭は嵐山を借景としてちゃんと主張してましたよ。
それと参道がしっとりしてとっても良かったですよgood
このブログのサブタイトルにも書いてるように、皆さんの知らない、清水寺のように派手さはなくとも
この鹿王院は嵯峨の一角で静かにお寺めぐりをしたい人に向いていると思いますconfident
この日、私が会った観光客は5人でした。

ちなみに拝観料は300円、いつまでも静かな雰囲気に浸っていてもいいような感じです。京都一人旅… 嵯峨のお寺… なんかいいですよね~

テンプレが京都っぽいですねーmaple
京都の紅葉はまだ始まりってところですかね。
今年はあったかいのか、この辺も息を止めるほどの紅葉にはお目にかかってないなぁ~

ぱこみこさんへhappy01

テンプレ京都っぽい?
こちらの紅葉はやっぱ後2~3週間後かなぁ…
一瞬寒くなったけど、今日は又「あつぅ」って日だったから。
新潟は雪も降って寒そうだから、もみじも真っ赤かな?
昨日、電気ストーブ出しました(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鴨川を歩く | トップページ | 京都ミニミニオフ会 »