2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月28日 (木)

とりあえず…広隆寺

ここしばらく取材sign02に出かけられないので、以前撮っておいた

「太秦広隆寺」の画像をご覧下さいませhappy01

子供の頃、ここから徒歩20分くらいのところに

住んでいたので広隆寺は行動範囲でした。

お寺の前には嵐電が走っていますtrain

248

249

250

251

お寺の中に入ると「弥勒菩薩」さまも拝めたのですが

この時はどこかのついでに寄ったので、いつか

あの優しいお姿を観て見たいと思います。

また記事をUPしたら見に来てくださいねwink

どこかリクエストがあればお知らせくださいませshine

052

2008年8月19日 (火)

鞍馬寺(2)

鞍馬山を下りて徒歩10分余りの道を鞍馬温泉へと向かいますshoe

見上げれば夏空、周りは北山杉note

川だけじゃなく民家の前を流れる溝の水も驚くほど澄んでいます。

081

078

日帰り温泉かと思っていたけど宿泊もできるようで、いくつかの

部屋がありました。

食事つきで入浴後広間で仮眠をとれるコースにすると

内湯と露天の両方に入れます。

ゆかたに着替えてまず少し離れた露天風呂へ向かいます。

079

かなり広い湯船と、洗い場が中と外の2箇所あり、

お湯につかって見上げると真っ直ぐに伸びた北山杉と青い空sun

たいして周囲に気を使うことなくゆったりと入れましたconfident

入浴後は冷えたbeerと美味しい食事でほっこりし、

2階の広間へ…

夫はしっかり寝てたけど、私は周りに知らない人が居ると

寝られないので近くをウロウロしてました。

077

080

「健康と美人の湯」につかって 果たして効果のほどはsign02spasmile

*天狗のキーホルダーに入ったおみくじを引いてみました。001

と出て「健康」の所を見ると、

神と医師を信じて治療するように、とありました。

それはもうsign01バッチリ信じてますよokgood

余談ですが…

以前記事にしたゴーヤの実がやっとつきました。

まだまだベビーゴーヤだけど早く大きくなってねsign01

002

2008年8月17日 (日)

五山の送り火

大谷さんへお墓参りの後、出町柳付近へ送り火を

見にいきました。もう10年以上は見てないのですが、

今年は京都のブログを始めたこともあり…etc

これは写真を撮らないと、と久しぶりに行ってきました。007

子供の頃は家の前に出ると、今のように高い建物

もなかったので小さいけれど見えました。

大人になっても「あぁ、今日は大文字なんや」と

思うくらいで殆ど見に行くことはなかったように思います。

祇園祭にしても大文字にしても地元の者は家から

見えれば見るけれど…という感じじゃないでしょうか。

昨日見た場所は鴨川の三角州あたりから出町橋、河合橋です。

人出がすごくて(満員電車並み)殆どブレてましたcoldsweats01

ちょっと幻想的と思いません?(実はヘタクソなだけ)bleah

005

011

↑分かりにくいけど 「妙・法」の法です。

これは河合橋で撮りました。

人出はこのとおり、川原とか河合橋の上はもっと多かったwobbly

003

004

今年は母の初盆でもあり、ぜひとも見送りたかったのです。

両親仲良く並んでいる姿が目に浮かびましたweep

さぁ!今日でお盆休みも終わりです、月曜から又頑張って

行きましょうかsign03punchhappy01

2008年8月14日 (木)

鞍馬寺(1)

出町柳から叡山電車で鞍馬へ行ってきました。

この電車は窓が大きくとられていて、紅葉の頃には

大変人気があります。

座席の一部は窓に向いています。

045

駅に到着です。

一つ手前の貴船口で多くの人が降りて

鞍馬駅ではごく少人数でした。

048

出迎えてくれた大きな天狗。

051

駅前から数分でお寺の登り口が見えてきました。

054

055

門をくぐって10分ほど坂道を登ると「鞍馬の火祭り」で有名な

由岐神社があります。ここの拝殿は重要文化財です。

060

こういう山道を歩きます。061

062

鞍馬山山頂、本殿金堂に到着。

075

本殿南側にある「翔雲台」。

平安京擁護授福の為、本尊が降臨した場所とされている。

中央にある板石の下には平安時代から伝えられた200余点の

遺物が納められており国宝に指定されています。

074

途中の博物館前に与謝野晶子の書斎「冬柏亭」が

移築されていました。

066

065

ここからどんどん山道を登ります。

結構ハードな坂です。階段がキツイsweat01

スニーカーにしてよかったsign03

サンダルで来ている人はしんどそうです。

最後の坂を登ると「木の根道」に到着sign03

これが見たかったのですhappy01

069

067

070

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »